FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園児のママゴト

どんな生き物も変化の最中にある。

刻々と変化している。

しばらくぶりに会ったら、ずいぶん老けたな・・と感じる人もいる。

しかし、毎日会っていたらわからない。

自分の顔も毎日見ているから、青年だと思っていたらいつのまにか中年だ。

いつ歳を取ったのだ?

外見もそうだが、心なんかそれ以上。心はころころ。毎秒変化している。

さっきまで好きだったが、今は幻滅して・・ということはそこら中にある。

老いは避けられないのに、ある一瞬だけを捕らえて

「可愛い」とか「格好いい」とか思い、妄想を膨らませて恋愛する。

「可愛い」とか「格好いい」とかは、数百とか数千あるその人のアングルの1つでしかない。

1/100や1/1000を見て、あぁ素晴らしい人〜とか思っている、思いたいのだろう。

そして、その人は20年後も「可愛い」だろうか?「格好良い」のだろうか?

毎日傍らにいるようになった、自分の妻、夫になったパートナーを見てそうは思わないほうが大半だろう。

そうなってくると、恋愛・・なんてのは滑稽でしかない。

園児が砂場でママゴトしているようなものだな。

・・と強がってみても、孤独を感じるときはある。

スーパーで独り買い物をしているときが特にだ。

禁欲する前は、いらだちから独り暴れそうにもなったが、今は禁欲と瞑想がある。

耐性は向上ているらしい。

素晴らしい習慣を手に入れたものだ。

これを幸運と言わず、何というのか。

禁欲者に果報があらんことを。(←打ち消し文章じゃないですよ)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。